Facebook button Twitter button Linked In Button Email Button Instagram button YouTube button

The University of Tokyo, Japan

The University of Tokyo is often called “Todai,” an abbreviation for its Japanese formal name. Anyone in Japan knows this word, and it immediately evokes the image of smart, diligent, and “nerdy” professors and students at the university. This image reflects the fact that the University of Tokyo has always been leading scholarship in Japan since its establishment in 1877. Its faculty and students are seen as the people who pursue their academic interests so enthusiastically that they sometimes fail to care about everyday life. If you visit the University of Tokyo as a Fox Fellow, you will have an opportunity to see if this is correct, as well as experience Japan and the rest of the city first hand.

Although the University of Tokyo possesses outstanding research resources in many fields, three of its features are particularly pertinent to a role as an exchange partner. First, the University of Tokyo should be an ideal place for those who are interested in the research topics related to the Japanese and Asian society and history. As Japan is one of the oldest liberal democracies in Asia, those practicing social sciences and humanities at the University of Tokyo have enjoyed academic freedom has led to diverse and innovative research programs. Second, the University of Tokyo has established strong partnerships with the public and private sectors. Its network serves as a resource that students can use to access to wider Japanese society according to their respective interests; for example, interviewing government officials and learning the practices of Japanese companies. Finally, the University of Tokyo is accessible to even those who are not familiar with Japan and the Japanese language. Exchange students can take free Japanese language courses and look for a Japanese language partner if they want. Departments now offer more and more courses in English. The institution is constantly making efforts to make the university more open to the world.

Tokyo is one of the most exciting cities to live. Its landscape blends Japanese traditions and modernity: old Buddhist temples, Shinto shrines, and wooden houses coexist with skyscrapers, bullet trains, and brand new residents. The University’s two main campuses, Hongo and Komaba, reflect this contrast. The Hongo neighborhood is characterized by its cultural heritage. Yushima Tenjin, a Shinto shrine near the campus, is said to be founded in the mid-fifth century. Many family-owned small restaurants in this area serve Japanese home-style dishes. On the other hand, the Komaba campus is located near Shibuya area, which is at the center of “modern Japan.” Boutiques and nightspots are the dominant features of the area. Shibuya Station, the second largest terminal in Japan, is a modern architectural labyrinth that accommodates more than three million people per day. Many restaurants and bars are open all through the night. Staying at the University provides a great opportunity to experience the two faces of Tokyo.

 東京大学は、東大という愛称で広く知られる日本の大学です。その名前は、賢く勤勉、そして「オタクっぽい」教授や学生を想起させます。このイメージは、1877年の創立以来、東大が日本の学会において常に最先端を走ってきたという事実を反映しています。つまり、東大の教授や学生は、彼らの学術的関心を熱心に追求するあまり、日常生活をおろそかにしがちな人々とみなされているのです。このことが本当かどうかは、あなたがフォックス・フェローとして東大に来て確かめてください。

 東京大学は、どんな分野においても傑出した研究リソースを誇りますが、東京大学が交換留学先としてふさわしいのは、とりわけ次の三つの特徴によるものです。第一に、日本や他のアジアの社会と歴史を研究するのに、東大は理想的な場所です。日本はアジアで最も歴史のある自由民主主義国の一つであり、学問の自由の保障の下、東京大学では社会科学や人文学において多様かつ斬新な研究成果が蓄積されてきました。第二に、東大は公共および民間部門と緊密なパートナーシップを構築しています。このネットワークは、学生が大学外の社会に接触しようとする際に役立つでしょう。学生は各自の関心に応じて、例えば官僚にインタビューをしたり、民間企業の活動について学んだりといった機会を持つことができるかもしれません。第三に、東大は日本や日本語に馴染みのない方にとっても利用しやすい環境です。留学生は、無料で日本語講座を受講することができ、望むならば日本語を学習するための交流プログラムで語学パートナーを見つけることもできます。英語で開講される授業も年々増加しています。東京大学は世界に開かれた大学を目指し、弛まぬ努力を重ねています。

 東京大学の学生は、世界でも最も刺激的な都市生活をおくることができます。東京の風景には、日本の伝統と近代性が同居しています。古くからの寺社や木造建築が、高層ビルや新幹線、そして真新しい住宅と調和しているのが東京です。東京大学の本郷キャンパスと駒場キャンパス周辺も、このコントラストを反映しています。本郷地区は、伝統的な文化遺産に溢れています。キャンパスにほど近い湯島天神は、5世紀に創建されたと伝えられています。またこの地区には、多くの小規模な家族経営レストランがあり、日本の家庭料理を味わうことができます。他方、駒場キャンパスは、近代日本を象徴する渋谷地区周辺に位置しています。最先端のブティックやナイトスポットが、この地区の主な特徴です。日本で二番目に規模の大きい渋谷駅は、複雑に入り組んだ近代的施設であり、一日に300万人以上が利用しています。多くのレストランやバーは、夜通し営業しています。東京大学での滞在は、東京の二つの顔を知るチャンスを与えてくれるでしょう。